地方ゆとりリーマンの日常

役に立ちそうな生活インプット情報のアウトプット

自己啓発本読みまくって感じたこと


スポンサ

 

自己啓発本を読み出したのは大学生になってからです。

 

なぜ読み出したのかと言うと、自分の人生を良くしたいからだと思う。みんな一度はそう思ったのではないでしょうか。

 

現在27歳なのでかなりの数は読んできました。

 

投資の本も自己啓発の本も色々読んだが、途中からは読むことで自己満足してしまっていたのではないかと思います。

 

本を読むことは知識が付くので非常に良い事です。情報から学ぶことは多く、歴史から学ぶことも多いです。

 

自分もサラリーマンをしてきて本からの知識や情報を会社に還元してきました。しかし、自分が考えたアイディアなども会社の利益となって消えて行きます。

もしくは、自分の名刺に文字が増えるだけです。(出世)

 

皆様はアイディアってありますか?

このサービスうまくいきそうだなとか、こうした方が良いのになとかですね。

私もかつてはこのアイディアが良く出る方だと自分で思ってましたし、ああじゃないこうじゃないとか言ってました。・・そのアイディアはアイディアで終わっていましいた。

 

しかし、ある時こんな言葉を聞きました。

 

「アイディアに価値はない」

これはgoogle創設者が言っている言葉ですね。

 

この言葉を聞いて「はっ」としました。まさに自分のことを言われて言うようですね。

アイディアは行動しなければ0なので意味はないと言うことです。アイディアは形にして初めてアイディアと言えるのでしょう。

本当にその通りだと思います。

 

単純にアイディア持っている人はたくさんいるし、すごく頭の良い人は色んなことを考えていると思います。

しかし、行動に移せる人はどれくらいいるのでしょうか?

 

私は、アイディアを行動出来る人は1%くらいしかいないのではないかなーって思います。

その1%の人が成功し、裕福になっていると思います。

失敗したらどうするの?とか聞く人も多いですが、行動して失敗した人でも後悔している人の話はあまり聞いたことがありません。

 

前向きに行動することがいかに良いことかを物語っているのではないでしょう。

 

結論、行動力こそがその能力よりも成功する上で必要になるのではないでしょうか。実際に自己啓発本みても実行に移さなければ呼んだ意味もないですからね。