読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方ゆとりリーマンの日常

役に立ちそうな生活インプット情報のアウトプット

1日1食を試してみた


スポンサ

船瀬先生の本を読んで1日1食してみた。

私が実践してみての感想を書いてみる。

 

御飯を食べるタイミング

 

通常:朝 有→ 有→ 有
今回:朝 無→ 無→ 有

 

上記内容で実践してみた。

 

1,痩せる

 

1日1食は痩せます。

しかも、驚異的なスピードでした。私個人で言うと1週間で5キロ近く痩せました。

単純に3食べてていた中の2食減るわけだから、まあ当たり前と言えば当たり前かもしれない。

 

 

2,頭が冴える?

 

頭が冴えるというような内容も書かれていたが、実際には頭が冴えるというよりは、眠たくなくなる。

通常お昼御飯を食べるとお腹がいっぱいになるので消化する時に眠くなることが多いと思う。お昼御飯を食べないので、その眠たさが無かったように思う。

 

3,長時間労働はもたない

時間に縛りの無いフリーランスの方や経営者の方は仕事時間も縛りが無いと思うので実践できる可能性は高い。しかし、私のようなサラリーマンでは時間の縛りがあるので、どうしても短時間集中の労働では無い。残業や労働時間が長くなれば長くなるほど頭が回らなくなってくる。

仕事の効率が落ちてしまえば続けるのは難しいと感じた。

 

4,節約になる

食費が格段に安くなる。3→1食なので、単純計算で食費も1/3!とまではいかないが一食の方が格段に費用はかからない。

妻からすると節約にもなるし、手間も減るのでメリット尽くしではある。

 

5,職場で変な目で見られる

お昼食べて無いと職場では不安視されることが多いように感じた。皆さんそこまでダイエット意識や健康意識が高いわけでは無いので変な奴扱いされることは多いにあり得るだろう。

周りの目を気にしていると中々出来ないと感じた。

 

6,食事が美味しい

1日1食だと、食事の時間が待ち遠しく感じる。我慢しているので、とにかく何食べても美味しく感じ、用意してくれる妻の感謝も倍になる。

食事に対する重要さを肌で感じることが出来る。

 

7,まとめ

 

今回実践してみましたが、短時間でダイエットするには良いかもしれないが、労働時間が長い人は難しいかな。

家計的にはすごく助かるそうなのでやってみるのはありかもしれません。

現代人の摂取カロリーからすると餓死したりすることは無いので。ただし、栄養が偏ったりすると健康には良くないので1日1食する場合は栄養バランスは考えた料理を食べるといいですね。

とにかく1日1食にすると、どんなご飯でも美味しく食べれます。(お腹空いている)という調味料ほど、美味しく食べれる調味料は無いと思う。

是非、試してみてください!