地方ゆとりリーマンの日常

役に立ちそうな生活インプット情報のアウトプット

【賃貸の構造はどれがいい?】


スポンサ

賃貸で物件を探す際に構造は大きく分けて3種類。

3種類の構造について簡単に説明します。

 

木造

大東建託レオパレスなどが多いですね。

はっきり言って・・・安い・綺麗が揃ってます。

綺麗な物件が好きな人はオススメです!!

しかし!・・・音が響きやすいのは有名なお話ですね。

大東建託さんは新婚さんがお多いので小さなお子様がいるケースが多いです。

子供は元気なので音が聞こるのは仕方ないですね。

音に敏感で神経質な人はオススメしません。

 

鉄骨造

ダイワ、積和が得意分野ですね

綺麗でそこまで高いこともありません。

物件的にも設備が整っていて好まれるケースが多いです。

特にお風呂が広かったり、追焚がついていたりなど、水回りはオススメです。

ハウスメーカーの派生会社なので、家に入るような設備が多いです。

簡単に言うと新しいところは設備文句なし!不動産で働いている方も住んでる方は多いです。(都会は知りませんが・・)プロが選んでるってことですね。

 

鉄筋コンクリート

一番良い構造ですね。

音も響きにくいし、良い物件は設備も良い物が入ってます。

お金があって完璧な物件を選ばれたい方は鉄筋コンクリートを選ぶ方が多いですね。

 

まとめ

構造について簡単に説明させて頂きました。

もっと細かく別れますが簡単に分けると3種類です

簡単に言うと

木造→鉄骨→鉄筋コンクリートの順位良くなりますが金額は高くなります。(築年数なので変わりますが)

 

中身だけにとらわれず、構造も是非一緒に考えてみて下さい。